ミッションドロレス教会-ヘイトアシュベリー&ミッション
サンフランシスコ
ミッションドロレス教会


 1770年代に、スペインの入植者がこの地にたどり着いたとき、最初に建てたのが、軍用地としてのプレディオと、このミッションドロレス教会だった。

 教会の建設は1776年に始まり、1791年に完成となった。

 現存するサンフランシスコの教会としては最古のものとなる。

 アドービ(日干しレンガ)の壁が歴史的な礼拝堂は、ゴールドが基調で、どちらかというとイスラム教的な印象を受ける。

 祭壇の後ろにある美しい細工の壁はメキシコから取り寄せたという。

 教会内には小さな美術館がある。ベイエリア一帯の先住民だったオロニ族の残存する数少ない記録や、スペインの入植者との交流など、ゴールドラッシュ前のサンフランシスコを学ぶことができる。

 メトロのJに乗り、16th St.とChurch St.の角で下車し、東へ1ブロック歩く。





Copyright(C) 2008
サンフランシスコ
個人旅行ガイド

ミッションドロレス教会-ヘイトアシュベリー&ミッション