ゴールデンゲートパーク-プレシディオとゴールデンゲート・パーク
サンフランシスコ
ゴールデンゲートパーク


 市の北西部に位置するゴールデンゲート・パークは、長さ5km、幅800mの細長い形で、広さはなんと日比谷公園の約28倍!

 もとは砂漠のような砂地だったが、公園の管理人でもある庭師ジョン・マクラーレン氏が生涯をかけて緑化に力を注ぎ、今では緑あふれる市民の憩いの場になっている。樹木類はヨーロッパから数千種を輸入。

 1年中、絶えることなく咲く花壇の花は6000種に上る。

 パーク内には10近くの池や湖があるほか、テニス、アーチェリー、ゴルフなどのスポーツ施設や、美術館、博物館などの文化施設も充実している。

 園内はとても広いので、徒歩ではとてもまわりきれない。移動は自転車などを利用するのがおすすめ。駐車場もあるので、車で出かけてもよい。

 広い園内を効率よる見るには、ツアーに参加して案内してもらうのもひとつ。旅行者も気軽に参加できるので、おすすめ。(無料)




Copyright(C) 2008
サンフランシスコ
個人旅行ガイド

ゴールデンゲートパーク-プレシディオとゴールデンゲート・パーク