エリアガイド-プレシディオとゴールデンゲート・パーク
サンフランシスコ
エリアガイド


 サンフランシスコの北西部分、ゴールデンゲート・ブリッジの付け根周辺から、ゴールデンゲート・パークの北側までのエリアがリッチモンドとプレシディオ。

 北西部に位置するゴールデンゲート・パークは、長さ5km、幅800mの細長い形で、広さはなんと日比谷公園の約28倍。

 造成された公園としては世界一の規模を誇る。

 どちらも緑あふれ、サンフランシスコ市民に愛されているエリアだ。


 現在では、市内で最も美しい森林があるところといわれているが、1880年代に松やユーカリの木が植えられるまで、ここは裸の丘と岩だけの場所だった。南北戦争(1861〜1865年)の頃のプレシディオは、北軍の訓練所として、第2次世界大戦中は第4軍隊と西部防衛軍の本部として使われていた。
 現存する最古の建物は、1864年に建てられたオールド・ステーション・ホスピタル。現在はプレシディオ陸軍博物館として、軍服や武器など軍隊の歴史を語る品々の展示物が公開されている。

 また、このエリアの最大のみどころは、サンフランシスコのシンボルとなっている、世界一美しいつり橋ゴールデンゲート・ブリッジ。

 その姿を遠くから眺めてみるのもいいし、自転車や車、徒歩で渡って、隣のマリンカウンティへ行ってみるのもおすすめ。




Copyright(C) 2008
サンフランシスコ
個人旅行ガイド

エリアガイド-プレシディオとゴールデンゲート・パーク