アルカトラズ島の歴史(2)-アルカトラズ島
サンフランシスコ
アルカトラズ島の歴史(2)



1934年:連邦刑務所としての業務を開始。32人の戦争犯罪人は他の場所に移送され、代わりにアトランタ刑務所より58名の「公正不可能な」囚人が送り込まれてきた。有名なギャングのボス、アル・カポネが移送されてくる。初代所長、ジェームス・A・ジョンストン赴任、以後14年間所長を務める。 

1962年:6月11日、映画『アルカトラズからの脱出』で有名な脱獄事件が発生。 

1963年:3月21日、連邦刑務所閉鎖。 

1969年:サンフランシスコ市がアルカトラズの観光開発を決定。11月20日、約90名のネイティブアメリカンが島を占領、先住民の土地であることを宣言。 

1970年:火災により3棟の建物焼失。 

1971年:6月11日、最後のネイティブアメリカンが島から排除される。 

1972:ゴールデンゲート・ナショナル・レクリエーションエリアに指定される。 

1973年:一般に公開され、ナショナル・パーク・サービスのレンジャーによりガイドツアーが開始される。




Copyright(C) 2008
サンフランシスコ
個人旅行ガイド

アルカトラズ島の歴史(2)-アルカトラズ島